土地売却における仲介手数料とは?いくらくらいかかるもの?

土地売却における仲介手数料とは?いくらくらいかかるもの?

土地売却の際にはまずは不動産会社に売却を依頼します。
その時に必要となるのが、仲介手数料。
手取りが減ってしまわないようできるだけ安く抑えたい、という人も多いでしょう。
いくらくらい必要か、最初に分かっていれば売却後にどれくらいの手取りになるか予測しておくことが可能です。
そこで仲介手数料とは何に対し支払うお金か、相場はどれくらいなのか、ご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却の時に支払う仲介手数料とは?いつ支払う?

土地売却を決めたら、個人売買の場合を除き、まずは不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約とは、土地売却のためにどのような活動をおこなうのか、かかる費用はいくらか、を記載した契約書のことです。
媒介契約後、不動産会社は土地売却のために活動をおこないますが、この活動に対し支払う報酬のことを仲介手数料と言います。
このなかには、営業担当者の人件費や土地売却のためにおこなう宣伝広告費が含まれています。
そして仲介手数料とは成功報酬のため、土地売却が完了しなければ支払う必要はありません。
そのため支払うタイミングは、決済時におこなうことが一般的です。

この記事も読まれています|不動産売却を検討している方へ!土地の譲渡について基礎知識を知っておこう!

\お気軽にご相談ください!/

土地売却で支払う仲介手数料の相場は?

仲介手数料の相場がいくらくらいなのか、気になりますよね。
売主と不動産会社の間で自由に決めて良いわけではなく、宅地建物取引業法において上限が定められています。
200万円以下の部分、200万円を超えて400万円以下の部分、400万円を超える部分の3つの部分に分けて計算し、そのすべてを合計するのが正式な計算方法です。
200万円以下の部分
売却価格×5%+消費税
200万円を超えて400万円以下の部分
売却価格×4%+消費税
400万円を超える部分
売却価格×3%+消費税
売却価格が400万円を超える場合には、以下の速算式を使用することも可能です。
仲介手数料=売却価格×3%+6万円+消費税
ちなみに上限は定められていますが、下限は定められていません。
そのため双方が納得すれば、値引きや0ということも可能です。
しかし、先程ご紹介した通り仲介手数料とは売却活動のために必要な経費のこと。
割り引いた分、売却活動にかけられる予算が少なくなるため、長期化しやすくなります。
結果的になかなか売れず、売却価格を下げることになってしまうこともあるため、仲介手数料の金額で不動産会社を選ぶのはやめたほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

仲介手数料とは土地売却のためにかかる経費に対して支払う成功報酬のことです。
依頼しただけでは発生せず、決済時に支払うのが一般的。
上限が決まっており、売却価格が400万円以上であれば速算式を使って簡単に計算が可能です。
土地売却に関してもし気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ