不動産の売却を検討中なら知るべき査定について

不動産の売却を検討中なら知るべき査定について

不動産の売却を考えた場合、不動産の価値がどれくらいなのか知っておく必要があります。
本記事では、不動産の価値を知るために必要な、不動産鑑定・不動産査定の違いについて、不動産査定を依頼する場合の依頼方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する際の不動産査定と不動産鑑定の違いについて

不動産の市場価格を割り出す方法には、不動産査定と不動産鑑定があります。
不動産査定と不動産鑑定は何が違うのか?違いについて理解しておきましょう。

不動産査定

不動産査定とは、不動産会社が独自の方法で不動産の価格を割り出すことです。
不動産会社の査定額は、過去に同エリアで売買された類似物件の成約価格や、売却する不動産の状態などを見て価格を割り出します。
査定の基準が、不動産会社によって異なるので、査定額に差が出るケースが多いです。
不動産査定は、無料で査定までの期間は数日ほどかかります。

不動産鑑定

不動産鑑定とは、国家資格である不動産鑑定士・不動産鑑定士補がおこなう独占業務で、不動産鑑定評価基準に従って不動産を調査分析して価格を割り出します。
不動産鑑定士が作成した不動産鑑定評価書は、裁判所・税務署o銀行などに提出できる正式な書類とされています。
しかし、不動産鑑定は有料で、鑑定までの期間が数週間ほどかかります。
不動産鑑定士の鑑定評価額は、かたよりがなく適正な価格ですが、鑑定評価額で取引する義務がないので、一般的な不動産を売却する場合は不動産査定の利用をおすすめします。

こちらの記事も読まれています|固定資産税から土地売却の相場がわかる?計算方法や売却時の注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する際の査定依頼の種類

不動産会社に不動産の査定を依頼する場合、机上査定と訪問査定の2種類の方法があります。
机上査定と訪問査定の特徴は以下のようになります。

机上査定

机上査定は、実際の不動産を見ることなく、不動産の種別・築年数・間取り・専有面積など資料で確かめた情報と、過去に近隣で売買された類似不動産の成約事例などを参考に、価格を査定する方法です。
机上査定は、査定までの期間が短いのが特徴で、3日前後で手軽に査定額を知ることができます。
しかし、実際の不動産を確認せず査定をおこなうので、不動産の劣化や設備の状態が反映されないため、訪問査定と比較すると精度が低いといえるでしょう。

訪問査定

訪問査定は、不動産会社が実際に、不動産の状態を確かめて査定額を割り出す方法です。
不動産の室内の設備や状態の確認にくわえて、日当たりや交通の便、学校やスーパーマーケットまでの距離なども査定の対象にして査定額を割り出します。
訪問査定の査定額の確定には、現地確認から1週間~10日ほどの期間がかかりますが、机上査定と比べて精度が高くなります。

こちらの記事も読まれています|固定資産税から土地売却の相場がわかる?計算方法や売却時の注意点を解説

まとめ

本記事では、不動産を売却する際の価値を知る方法としてある、不動産査定・不動産鑑定の違いについて、不動産査定の依頼の種類について解説させていただきました。
不動産の売り出し価格は売主が決めることが可能ですが、売却価格の相場を知ることは大切なことです。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ