土地売却の際の測量とはどのようなもの?境界確定が難しい場合は?

土地売却の際の測量とはどのようなもの?境界確定が難しい場合は?

土地の売却をスムーズにおこなうためには、土地の測量をして隣地との境界確定をしておくことが必要です。
しかし、測量とはどのようなものなのか、わからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、仙台市で土地売却をご検討中の方に向けて、測量とはどのようなものなのか、土地の境界確定が困難な場合の対処法もあわせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却をする際の測量とはどのようなもの?

測量とは?
測量とは、専用の器械を使って土地の形状や面積を正確に測り、図面に表すことをいいます。
「測量士」または「土地家屋調査士」に依頼しておこないますが、土地売却のための測量は、登記業務も可能な土地家屋調査士への依頼がおすすめです。
測量の目的は、正確な隣地境界を明らかにし、境界トラブルを防ぐことです。
売却前に測量をおこなうことで、不動産会社による査定や、買主との交渉もスムーズにします。
測量の方法
測量の方法には、「現況測量」と「確定測量」があります。
境界標などで隣地との正確な境界が把握できている場合に、土地の所有者のみで簡易的に測量をするのが現況測量です。
一方、隣地所有者の立ち会いのもと、境界点の同意を得て境界を確定し、正確な土地の面積を把握するのが確定測量です。
土地売却の際は、より正確な確定測量をおこなうほうが、トラブルになるリスクを減らし、早期売却につながるでしょう。
確定測量の費用相場は、土地の条件にもよりますが約40万円~50万円です。
測量していない土地の売却は難しい場合もあるため、測量の費用は、スムーズに売却するための必要な費用として考えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地売却の際に隣地所有者が不明の場合などの測量はどうする?

土地売却で測量をする際に、さまざまな事情によって境界確定が困難なケースもあります。
たとえば、相続や転居などにより隣地所有者が不明の場合や、隣地所有者と境界の位置に対する解釈が異なる場合があげられます。
境界確定が困難な場合の対処法としてあげられるのが、「筆界特定制度」です。
「筆界特定制度」とは?
筆界特定制度とは、法務局に申請し、土地の実地調査や測量などさまざまな調査をおこなったうえで、筆界特定登記官が隣地との「筆界」を特定する制度です。
筆界とは隣地との境界のことで、所有者間で変更可能な「所有権界」に対し、法務局に登記されている正式な境界が「筆界」です。
筆界特定制度を利用する場合は、測量などの費用と6か月~1年の期間が必要になりますが、裁判をすることなく公的な判断で境界確定がおこなえるため、トラブルの早期解決につながります。
とはいえ、そのような煩雑な手続きが難しい場合は、不動産会社による「買取」をご利用いただくと土地の売却がスムーズです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地売却をする際の測量について、隣地所有者が不明の場合など、土地の境界確定が困難な場合の筆界特定制度もあわせて解説しました。
土地売却の際に煩雑な手続きが難しい場合は、「買取」のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ