住みながら不動産売却はできるの?売却方法や注意点を解説!

住みながら不動産売却はできるの?売却方法や注意点を解説!

マンションや戸建などに住みながら不動産売却することは可能なのでしょうか。
その場合、どのように不動産売却すれば良いのかわからない方もいるかと思います。
この記事では、宮城県仙台市で住みながら不動産売却をする方法や注意点をご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう方法やメリット・デメリット

不動産売却を住みながらおこなうことは可能です。
そして住みながらの不動産売却方法で一番重要なポイントは、やはり「内覧」です。
内覧の準備としては、資料を準備したり、片付けや掃除をしてお部屋を綺麗にしたりすることです。
また、買い替えの場合には、不動産売却と同時に次の新居探しもおこないます。
不動産売却を住みながらおこなう最大のメリットとして、費用面があげられます。
居住中の不動産と新しく購入した不動産の二重ローンが避けられます。
また、不動産売却にて得ることができた資金を、新居の購入や引っ越し費用に充てることができます。
さらに内覧においては、買い手に現在も居住しているお部屋を案内することになるので、住むイメージを伝えやすいです。
不動産売却を住みながらおこなうデメリットは、現在も居住しているお部屋に内覧者を案内しなければならないため、掃除やスケジュール調整に労力を要します。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう際の注意点やコツ

不動産売却を住みながらおこなう際には内覧が一番重要なポイントであると先述しました。
お部屋の生活感が出過ぎていないこと、お部屋のにおいにも注意が必要です。
お部屋を片付けや掃除をして綺麗に保ち、買い手に快適な生活ができるイメージをアピールできるようにしましょう。
また、買い手はどのような方が住んでいるのかも気になる点なので、内覧時の接客には笑顔で気持ちよく対応することも大切です。
内覧希望者のアポイントが突然入ることもあるので、スケジュール調整に注意が必要です。
土日はとくに予定を空けておき、内覧希望者を逃さないようにしましょう。
売却後の引き渡しと、新居への引っ越しまでのスケジュールにも注意して計画することが大切です。
不動産売却を住みながらおこない、新居を同時に探すという方法の他に、売却後も同じ不動産に居住するという売却方法があります。
これを「リースバック」といいます。
リースバックを取り扱っている不動産会社に不動産を売却し、その後は不動産会社と賃貸借契約を結んで、そのまま住み続けることができる仕組みです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

マンションや戸建などの不動産の売却は住みながらおこなうことができます。
住みながら売却の際には内覧が一番重要なポイントです。
また、不動産売却をおこなうと同時に新居探しをおこなうには、細かいスケジュール調整と多くの手続きが必要です。
不動産売却を住みながらおこなう際には、知識が豊富で信頼のできる不動産会社を選びましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ