仙台市で市街化調整区域にある不動産を上手に売却する方法

仙台市で市街化調整区域にある不動産を上手に売却する方法

一般的に、市街化調整区域にある不動産は売れにくいと言われています。
しかし、上手に売るポイントを知ることで売却へつなげることが可能です。
そこでこの記事では、仙台市で市街化調整区域に不動産を所有している方に向けて、売却する方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における市街化調整区域とは?

市街化調整区域とは、街づくりを抑制しているエリアのことです。
一般的に、街づくりはその場所へ建物を建てて市街化することを意味します。
しかし、市街化調整区域では市街化を抑制するために、建築を制限していると考えてください。
また、似た言葉に市街化区域もありますが、これは街づくりを促進するエリアのことです。
市街化調整区域で建築する際には開発許可が必要なので、この辺りも市街化区域との違いが見られます。
なお、市街化調整区域と市街化区域は「線引き」によって分けられます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

市街化調整区域にある不動産を売却する方法

市街化調整区域にある不動産を上手に売却する方法は、どのようなものなのでしょうか。
まずは、農地として売却する方法を考えてみましょう。
地目が田や畑の不動産は、農地として活用することが可能です。
この場合、不動産の近隣に農業従事者がいると売却を有利に進められます。
また、専門の不動産会社へ依頼することもおすすめの方法です。
市街化調整区域にある不動産に関しては、経験豊富な不動産業者へ相談できると安心でしょう。
弊社でも相談を承っているので、ぜひご利用くださいね。
この他、地目を転用できるようにしておく方法があります。
たとえば、農地から宅地へと転用することで売却しやすくなったケースも多々見られます。
購入希望者が転用手続きをせずに済むので、スムーズな売却へと結びつくことがメリットです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

市街化調整区域の不動産が売却しにくいデメリットとは?

市街化調整区域にある不動産は、デメリットがあるために売却しにくいと言われています。
しかし最近では、空家等対策特別措置法により、各自治体で空き家を減らす取り組みが積極的におこなわれています。
それにも関わらず、市街化調整区域にある不動産は売れにくいのです。
理由としては、インフラの整備が不十分であることや、田舎で住みにくいことが挙げられます。
このように、環境を理由に売却しにくいことがデメリットです。
また、住宅ローンの審査をクリアしにくいことも理由の一つとされます。
資産価値が低く、売却に不利であることが市街化調整区域にある不動産のデメリットです。
さらに、開発許可申請が必要なため、手続きが面倒で売却しにくい一面があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

市街化調整区域とは、市街化を抑制しているエリアのことであり、上手に売却する方法とデメリットを解説してきました。
積極的に売却していくためにも、まずは不動産のプロである弊社へご相談ください。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ