仙台市でおこなわれている空き家への対策をご紹介!

仙台市でおこなわれている空き家への対策をご紹介!

どのように活用したら良いのか、空き家を所有している多くの方がお悩みかと思います。
自治体でおこなわれている空き家対策を知ると、具体的な対処法が考えられるのではないでしょうか。
そこで、宮城県仙台市でおこなわれている空き家対策と、自分でできる対処法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家対策として仙台市で取り組んでいる特別措置法とは

宮城県仙台市で取り組んでいる空き家対策に、「空家等対策の推進に関する特別措置法」があります。
「空家等対策の推進に関する特別措置法」は、全国で問題とされている空き家への対策として国会で成立した法律です。

特別措置法

特別措置法では、以下のようなことが定められています。

  • 空き家の実態調査
  • 空き家の適切な管理の指導
  • 適切に管理されていない空き家を特定空き家に指定が可能

空き家の管理が適正でない場合は、行政代執行によって建物の解体がおこなわれる可能性があります。

仙台市の空き家の状況と市の取り組み

仙台市の空き家は2008年まで増加傾向でしたが、東日本大震災の影響もあり2013年に減少しました。
しかしその後また増加に転じ、全国の空き家率を下回ってはいるものの2018年の空き家率は11.1%です。
そこで仙台市では特別措置法に基づいて、仙台市全域を対象とした「仙台市空家等対策計画」を策定しました。
計画期間は、第1期は2017年から2021年まで、第2期は2022年から2026年までです。
第1期では、管理不全な空き家の解消、利活用、啓発および適切な管理の促進をおこない、第2期はさらに充実強化した計画を進めます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

仙台市の空き家対策として自分でできる対処法とは

自分でできる対処法には、以下のようなものがあります。

  • 空き家管理サービスを活用
  • 賃貸物件として活用
  • 空き家バンクを活用
  • 仲介・買取による売却

空き家の管理を自分でおこなうことが難しい場合、空き家管理サービスを利用すると適正な管理が可能です。
また、賃貸物件として活用する方法も対処法のひとつです。
他の方に貸すことで空気の入れ換えなどの管理が不要になり、さらに収入も得られるメリットがあります。
売却が選択肢としてある場合、立地が悪いなど売れにくい空き家は、自治体の空き家バンクを活用すると買主が見つかる可能性があります。
さらに、仲介や買取を利用した売却も対処法として挙げられます。
仲介は不動産会社が買主を見つけ、買取は不動産会社が直接不動産を買取る方法です。
売却によって空き家を手放すと、抱えていたリスクからすっきりと解放されるメリットがあります。
また、仙台市では空き家総合相談会も開催していますので、悩みをお持ちの方は相談してみるのも良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

仙台市では特別措置法に基づいて対策をおこなっており、管理不全な空き家の解消や利活用などを進めています。
さらに、自分でできる対処法によって空き家の管理を適正におこなう必要があります。
もし空き家の扱いにお悩みでしたら、売却も検討してみてはいかがでしょうか。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ