仙台市で土地を売るのに適したタイミングはいつ?所有期間や地価動向から考察!

仙台市で土地を売るのに適したタイミングはいつ?所有期間や地価動向から考察!

土地を売りたいけれど、いつ売るのが適したタイミングなのかとお悩みでしょうか。
土地をなるべく高く売るためにも、売るのに適したタイミングが知りたいかと思います。
この記事では仙台市で土地を売るタイミングについて、所有期間や地価動向からの考察と、売るときの注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地を売るタイミング「所有期間から考察」

土地を売って収入を得ると譲渡所得税がかかります。
譲渡所得税の内訳は、所得税・住民税・復興特別所得税です。
譲渡所得にかかる税率は、以下のように土地の所有期間によって異なります。
所有期間が5年以下の場合は短期譲渡所得となり、税率は39.63%です。
所有期間が5年を超える場合は長期譲渡所得となり、税率は20.315%です。
このように、所有期間が5年を超える土地はおよそ半分の税率に下がるので、売るのに適したタイミングといえます。
さらに、一定の条件を満たした場合に限り、10年超所有する居住用不動産の場合には譲渡所得税が20.315%から14.21%に下がる特例があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地を売るタイミング「経済指標や地価動向から考察」

次に、経済指数や地価動向から土地を売るタイミングを考察します。
2020年5月以降のコロナショックにより景気動向指数が下がり、バブル期を下回る経済悪化がみられます。
経済が悪化すると公示地価が下がる傾向にあるので注意が必要です。
また、2023年以降は世帯数が減少するとも予想されています。
世帯数が減少すると住宅需要が減少するので注意が必要です。
さらに2013年以降は金融緩和によって超低金利時代が続いています。
金利が低くなると住宅ローンの返済額も下がるので、住宅の需要が高まり土地の購入者も増加します。
従って、経済指標や地価動向から考察すると、今が土地を売るのに適したタイミングであると言えます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地を売るタイミング「土地の名義における注意点」

それでは実際に土地を売るタイミングでの注意点をご紹介します。
相続などで所有した土地の名義は、相続した所有者へと名義変更しなければ売れません。
相続しても自動的に名義変更はされないので注意しましょう。
土地を売るためにも必ず相続登記をおこなう必要があります。
登記手続きは複雑なので司法書士に依頼するのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地を売るタイミングを土地の所有期間、経済指標や地価動向から考察しました。
2022年に土地を所有して5年を超える場合には土地の売るのに適したタイミングといえます。
しかし土地の名義人しか土地が売れないのが注意点です。
土地を売るタイミングや名義変更は複雑なので、地域の信頼できる不動産会社に相談しましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ