いらない家を早く処分したほうがいい理由とは?処分方法と売却するときの注意点について

いらない家を早く処分したほうがいい理由とは?処分方法と売却するときの注意点について

いらない家は所有しているだけで、管理費用や税金がかかってしまいます。
いらない家はすぐに処分するのがおすすめです。
この記事では仙台市でいらない家を処分したほうが良い理由と処分方法にくわえて、売却するときの注意点をご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

いらない家はすぐに処分したほうが良い理由とは?

いらない家をすぐに処分したほうが良い理由は、所有したままだと管理と税金の面で負担がかかるからです。
住んでいない家は劣化のスピードが早いので、近所から苦情が来たり、資産価値が下がったりしてしまいます。
従って、劣化しないためにも、定期的に清掃や換気といった管理が必要です。
いらない家が遠方にある場合には、業者に頼んで費用をかけてまで管理する必要があります。
また、いらない家にも固定資産税は納め続けていかなければなりません。
このように管理や税金の負担がずっと続いてしまうので、いらない家はすぐに処分するのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

いらない家の処分方法とは?

いらない家の処分方法には主に「売却」「寄付」「相続放棄」などの方法があります。
売却は、いらない家を中古住宅として売却したり、いらない家を解体して土地のみで売却したりする処分方法です。
また、不動産会社に買い取ってもらう方法もありますが、仲介での売却に比べて売却価格は下がります。
寄付は、個人や法人、行政などへ寄付する処分方法です。
売却と違って収入が得られませんが、管理と税金の負担がなくなります。
相続放棄は、いらない家を相続する場合に、相続を知った日から3か月以内に放棄する処分方法です。
ただし、相続放棄しても次の管理人が見つかるまで管理責任は続きます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

いらない家を処分するときの注意点

いらない家を処分するときにはいくつか注意点があります。
いらない家を売却するときに、家財道具などはすべて処分しなければならないのが注意点です。
しかし買主との合意が得られれば、エアコンや給湯器などの限られた家財道具は、残した状態で売却できる場合もあります。
また、売主には、契約後に合意していない瑕疵があった場合は、契約の責任を負わなければならない契約不適合責任があるのが注意点です。
説明して合意を得ていない瑕疵が売却後に見つかった場合、売主は賠償責任を問われる場合があるので、契約時には漏れなくご説明しましょう。
さらに、相続放棄でいらない家を処分する場合、他の遺産もすべて放棄しなければならないのが注意点です。
プラスになる現金などの遺産も放棄しなければならないので、相続放棄を選択する場合にはよく考えましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

いらない家を所有していると管理と税金の面で負担がかかります。
売却・寄付・相続といった方法で処分するのがおすすめです。
いらない家の処分にはいくつか注意点があるので、信頼できる地域の不動産会社に相談して自分に合った処分方法を選びましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ