土地に土壌汚染の可能性がある場合の売却方法とは

土地に土壌汚染の可能性がある場合の売却方法とは

売却したい土地がもし「土壌汚染」されていたら、売却したあとにトラブルになってしまうリスクがあります。
この記事では仙台市で土地を売却したいと考えている方に向けて、土壌汚染が発見した場合のトラブルや土壌汚染の土地を売却する方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却後に土壌汚染が発覚した場合のトラブルとは

土壌汚染は土壌汚染対策法によって基準値を設けられており、基準値を超えた土壌汚染がある場合、買主は土地の売買において悪影響となります。
購入した土地に土壌汚染があれば将来的に健康被害が生じたり、ガーデニングが楽しめなかったり買主にとっては土地利用に制約を感じる部分です。
売却する前に土壌汚染の可能性がある事実を故意に隠し、知らせずに売却をすることはトラブルになってしまいますのでやめましょう。
土壌汚染の可能性があることを知らせずに売却した場合のケースとして下記のようなことが挙げられます。

  • 損害賠償請求
  • 売買契約の解除

契約が解除され、さらに損害賠償請求や契約で定めた違約金の支払いなどをしなくてはならない事態になりかねないので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土壌汚染の可能性がある土地を売却する方法とは

下記3つの方法で土壌汚染の可能性があっても土地の売却が可能となります。

  • 土壌汚染調査を実施してから売却する
  • 汚染物質の除去費用分を値引き対応する
  • 土壌汚染の有無を気にせず活用してくれる買主を探す

土地の立地や価格などの条件がよければ土壌汚染除去費用を負担してそのまま買ってくれるケースもあります。
売却前に土壌調査をおこなうか、可能性がある旨を伝えてそのまま売却するかを検討しましょう。
※買主にとって不利益になりそうなことは必ず事前に伝えることが大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却前に土地の土壌汚染調査を実施したほうが良いケースとは

法的義務はないので土壌汚染調査は実施しなくても問題はありませんが、下記のケースでは調査の実施が必要になります。

  • 土壌汚染の報告義務がある土地
  • 都道府県から土壌汚染調査を命じられたとき

土壌汚染調査はだいたいの場合、売主が自主的に調査していますが、調査していない場合でも買主から求められた際は調査実施したほうが安心して購入してもらえることでしょう。
土壌汚染の可能性が高い土地とは、埋設物が多い土地・工場の跡地・農地・焼却炉を設置していた場所が多いので参考にしてみてください。
また、役所で土壌汚染調査の対象な土地か聞きとりできる場合もあるので、土壌汚染の可能性が不安な場合は役所に聞いてみるのも1つの調査方法です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地の売却前に土壌汚染の可能性があることを知っていたら買主に事前に伝えておくことが大切です。
トラブルを防ぐためにも、土壌汚染の可能性がある土地の売却方法や調査方法をチェックしておきましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ