土地活用の一手法としてのコインランドリー経営についてご説明

土地活用の一手法としてのコインランドリー経営についてご説明

使われていない土地をお持ちの方は、土地活用の方法でお悩みのことと思います。
活用方法の一つとして、「コインランドリー経営」についてその特徴や注意点をお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用方法としてのコインランドリー経営とは?

コインランドリー経営の方法として、自己運営、フランチャイズ方式、土地賃貸の3つがあります。
まず、自己運営の場合、土地オーナー自らが施設を建て、ランドリー設備を導入し、利用者に提供します。
この場合、利用料はすべて収入として得られますが、初期費用として施設・設備などの導入に2〜3千万円かかるほか、宣伝活動や設備のメンテナンスも自前でおこなう必要があります。
次に、フランチャイズ方式とは、チェーンにオーナーとして加盟する運営方法です。
オーナーは、企業の知名度や運営ノウハウを活用でき、設備メンテナンスなどのサポートを受けられますが、対価としてロイヤリティを企業に払い続ける必要があります。
さらに、土地賃貸とは、コインランドリーを運営する業者に対して、土地を賃貸する方法です。
この場合、コインランドリー経営に関わる必要はありませんが、収入は土地の賃貸料に限定されます。
なおコインランドリー経営の利回りは、自己運営の場合では10〜15%程度が一般的な水準のようです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

コインランドリー経営という土地活用方法のメリット・デメリット

コインランドリー経営の検討には、メリット・デメリットの双方を理解しておきましょう。
まずメリットとしては、コインランドリーは設備さえ導入すれば、管理人が常駐する必要がないので、人件費がかかりません。
また、生活に即した利用需要があり景気に左右されにくいほか、利用客はリピート率が高いため、比較的安定した収入が見込めます。
くわえて、コインランドリー経営には、小規模宅地の特例等の優遇措置が適応され、節税対策にもなります。
一方、デメリットとしては、まず設備導入のために高額な初期投資が必要ですが、その割に、期待を上回る高収入は得にくいことがあります。
また、無人運営であるため防犯面の対策が必要で、治安が悪化すると利用客も離れかねません。
さらに、競合施設が近隣にできた時、差別化が図りにくいため、固定客を簡単に奪われるリスクがあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用方法としてコインランドリー経営をおこなう際の注意点

コインランドリー経営の開業検討にあたっては、いくつか注意点があります。
まず、そもそも利用需要があるか周辺地域の十分なリサーチが必要です。
周辺に住民が多く、その属性として利用客が多そうか、また商業施設が隣接していると洗濯の間に買い物ができるので有利でしょう。
また初期投資が高額になるので、回収には長期間かかりがちなのも注意点です。
加えて、開業時には設備のリース費用や利用可能な融資なども確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

安定した利回りが期待されるコインランドリー経営ですが、特有のリスクもあります。
予め周辺地域のリサーチや収支想定をした上で検討を進めましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ