農地を土地活用する方法と必要な税金についてご紹介

農地を土地活用する方法と必要な税金についてご紹介

使用していない土地の活用方法に悩んでいる方が多いでしょう。
しかし、放置していても税金がかかるので、有効に土地活用していきたいところです。
この記事では、農地の活用の仕方をご紹介するので、仙台市で使用していない土地を所有している方は最後まで読んでくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用における農地の制度とは?

農地を所有している方は「遊休農地」について聞いたことがあるでしょう。
遊休農地とは、過去に農地として使用されていても、現在や将来にわたり農地として使用される見込みがない土地のことです。
農地は、農業をするためにしか使用できないことが大前提です。
しかし、農地転用の制度を利用すると、農業以外の目的で使用できるようになります。
今後も農業をおこなう予定がなければ、転用して別の用途で使用することも一つの方法です。
ただし、農地として維持しなければならないと定められている農振地域にある土地は、転用の制度を利用できません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

使用していない農地はどのように土地活用する方法があるの?

使われていない農地は、農地のまま土地活用できます。
たとえば、体験農園の経営や、農業に関心のある方へ市民農園として貸し出すことなど、ビジネスとして活用する方法です。
また、農地転用をおこない、アパートや施設を経営する土地活用方法も多く見られます。
高齢者が多い地域では、元農地で高齢者向けの施設を建てるする例も増えており、有効な土地活用手段です。
この他、売却してまとまったお金に変える方法もあります。
この場合、農地転用をすれば農家以外へ土地を売却できるようになるので、購入者の範囲が広がります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

農地の土地活用時に必要な税金は?

農地のまま土地活用するには、固定資産税と相続税の2つの税金が発生します。
固定資産税は、土地の所有者に対して毎年課される税金です。
農地の場合は、固定資産税が調整されて、一般的な土地よりも安い価格の税金が課されることが多いです。
しかし、使用されていない農地は調整がされず、一般的な土地と同価格の税金が徴収されます。
また、農地には相続税もかかりますが、評価額が低いことが一般的です。
くわえて、相続税には納税猶予制度が設けられています。
納税猶予制度は、所有者が農地として活用し続けている間は有効なことを覚えておきましょう。
このように、農地には税金が生じますが、税額の調整などの特例もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

農地は、市民農園などとして活用する手段や、転用して別の用途で使用する方法があります。
地域のニーズや環境に合わせて、最適な土地活用を検討してみてください。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜日、第1第3火曜日、年末年始

関連記事

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ