医療施設を経営する土地活用する方法とは?メリット・デメリットもご紹介

医療施設を経営する土地活用する方法とは?メリット・デメリットもご紹介

土地活用と聞いてマンションやアパートを経営する方法や、駐車場として貸し出す方法をイメージする方も多いと思います。
長期的な収入が見込めたり土地にかかる税金を抑えられる特徴がある、医療施設経営をご存じでしょうか?
今回は医療施設を経営する土地活用の始め方とメリット・デメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

医療施設として土地活用する方法とは?

医療施設として土地活用をするためにはそれぞれの特徴を理解し、自分に合った方法で始めましょう。
医師や事業者に土地だけを貸し出す方法では初期費用を抑えられるため始めやすいですが、あまり大きな収益は期待できない特徴があります。
ほかにも医療施設を自己負担で建設することで家賃収入を得る方法では高い収益が見込めますが、高額な初期費用が必要ですぐに利用者が見つからないこともあるでしょう。
最後に資金調達が不要で相続税を節税できる建設協力金を受け取り、医療施設を建設して賃料から相殺して返済する方法も始めやすいでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用として医療施設経営をするメリットとデメリットとは?

医療施設は病気を治したり健康維持のために通院をしたりさまざまな方が利用する生活に必要な場所のため、地域貢献に繋がる土地活用だと言えるでしょう。
ほかにも第三者に貸し出している土地には自身の利用よりも制限がかかり、相続税が通常よりも安くなるメリットがあります。
逆に、デメリットは医療施設は基本的に特殊な形状をしているため、撤退後に空室になった場合に次の利用者がなかなか見つからない点です。
また医療施設は廃業する可能性が低いため安定的な収入が見込めますが、定期借地などでは自由に契約解除ができないので長期的な計画が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用で考えられる医療施設の種類とは?

医療施設といってもさまざまな種類がありますが、大きく分けて「診療所・クリニック」と「病院」に分類されます。
診療所やクリニックは入院患者用のベッドが19床以下の広さの医療施設を指しており、小さな土地でも経営できるでしょう。
入院患者用のベッドが20床以上ある広さの医療施設は病院と言われており、100床以上ある場合は総合病院に分類されます。
福祉施設としての土地活用もできるため、どのような医療施設が求められているのかということも大事なポイントになるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地活用として医療施設の経営を始めるには土地だけを貸し出すのか、医療施設を建設してから貸し出すのか、自分にあった種類を選ぶようにしましょう。
医療施設経営は地域貢献に適しているなどの特徴がありますが、転用が難しいなどのデメリットにも注意が必要です。
土地活用の方法として参考にしてみてください。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

関連記事

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ