中古住宅の処分方法とは?リスクや注意点も解説!

中古住宅の処分方法とは?リスクや注意点も解説!

中古住宅を所有しているものの、用途がなく処分を考えている方もいるのではないでしょうか。
ただ、処分とはいっても、どのような方法を選ぶべきなのか迷ってしまう方も少なくありません。
そこで今回は、中古住宅の処分方法や所有し続けるリスク、売却時の注意点を解説します。
中古住宅の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を処分する方法とは

中古住宅を処分する場合、少しでも利益の獲得を目指したいのであれば、中古物件として建物ごと売却するのがおすすめです。
用途のない物件だとしても、売りに出せば買い手がつく可能性もあります。
物件の状態や周辺環境によっては、高値がつくケースもあるでしょう。
ほかに、不動産会社に買い取ってもらうのもひとつの方法です。
買取であれば仲介による売却よりも短期的な処分が可能なので、できるだけ早く手放したい方にはおすすめです。
そして、中古住宅の処分において利益を考慮しないのであれば、自治体や個人・法人への寄付を検討すると良いでしょう。
お金は手元に残らないものの、維持管理費や税金といったコストを避けられるので、金銭的なメリットは少なからず得られます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を処分せずに所有し続けるリスクとは

用途のない中古住宅を所有し続ける場合、維持管理費が必要になるのがリスクです。
とくに築年数が経過するほど、修繕費や管理費はかさむでしょう。
また、居住者のいない状態でも、所有者は固定資産税や都市計画税といった税金も負担しなければなりません。
さらに、自治体によって特定空家に指定されると軽減税率が適用されないので、税金の負担が大きくなります。
特定空家とは、そのまま放置していると周囲に衛生上・安全上の危険を及ぼす可能性のある空き家です。
このようなリスクを避けるためにも、用途のない中古住宅は早めに処分するのが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

中古住宅を売却によって処分する際の注意点とは

中古住宅を相続する際には、そもそも相続しないという選択肢もありますが、相続放棄を選ぶとほかの財産も相続できないので注意しましょう。
相続放棄は、現金やそのほかの価値がある財産も含み一切の財産を相続できないため、一度相続してから処分や活用を検討するのがおすすめです。
また、売却時には住宅を空にしておくことも注意点です。
買主の同意がない限り、引き渡しまでに家財道具や日用品などをすべて処分しておく必要があります。
使用できる家具・家電がある、量が多くて処分が難しいといった場合は、一度買主に相談して必要なものがないか聞いてみると良いでしょう。
そして、売却する住宅に何かしらの瑕疵がある場合には、買主への説明が必要です。
告知義務のある瑕疵について説明を怠ると、契約不適合責任を問われる可能性もあるので、注意しなければなりません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

以上、中古住宅の処分方法について解説しました。
用途のない中古住宅は所有し続けるリスクがあるため、建物ごと売却したり、買取を依頼したりして処分するのがおすすめです。
ただ、売却の際には住宅を空にする、瑕疵について説明するといった注意点を押さえておきましょう。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

022-341-8690

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

関連記事

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ