田舎の土地活用は難しい?活用方法や注意点をご紹介

田舎の土地活用は難しい?活用方法や注意点をご紹介

田舎の土地は都心部に比べて活用が難しく、田舎の土地を保有している方のなかには活用法について頭を抱える方もいるでしょう。
しかし、土地によってはうまく活用できる場合もあるため、すぐに諦める必要はありません。
この記事では、田舎で土地活用が難しいと言われる土地の特徴や活用方法、注意点について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

田舎で土地活用が難しいとされている土地の特徴

田舎で土地活用が難しいと言われる土地の特徴の1つは、賃貸需要がない土地です。
都心部に比べて人口が少ない田舎は、賃貸の需要が低く、そもそも借り手がいないため、賃貸物件の建設地として活用しても損をしてしまいます。
また、地形が平坦ではない土地も活用が難しいでしょう。
地形が平坦ではない土地は建設が難しく、多額の費用をかけて造成工事をおこなわなければなりません。
さらに、土地のなかには規制がかかっている土地も存在するため、事前に確認しておくようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

田舎の土地活用の方法は?

山の土地を保有している場合、キャンプ場や太陽光発電、アスレチック施設などで活用が可能です。
とくに近年はキャンプの需要が高まっており、施設を整えれば、安定した集客を期待できます。
農地の土地は、市民農園や営農型太陽光発電、農家民宿などの方法を検討するのも良いでしょう。
上記の3つのどれかを活用すれば土地を無駄にせず、有効活用できます。
宅地の土地の場合は、コンビニやサブスク住宅、駐車場などで利用可能です。
たとえば、コンビニにした場合、田舎では商業施設が少ない傾向にあるため、需要が高まり収益を得やすくなるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

田舎で土地活用を検討するときの注意点

田舎で土地活用を検討する際の注意点は、主に3つです。
1つ目は、立地条件の確認をしておくことです。
田舎に限らずですが、土地活用する際は需要の確認が成功の秘訣になるため、その土地にあったニーズを探すことが必要になります。
2つ目は、市街化調整区域と農地法による規制がない土地なのかを確認する点です。
田舎の土地のなかには、市街化を抑制する区域に定められていたり、農地を宅地など他の地目に変更できなかったりなどと規制されている土地があります。
こういった土地を土地活用する場合、そもそも活用自体が不可能なケースもあるため、事前に確認が必要です。
3つ目は、自己資金です。
土地活用をおこなう場合、まとまったお金が必要になります。
自己資金ですべてまかなえれば良いですが、ローンを組む場合は1割程度の自己資金を用意する必要があるため、事前に確認しておくようにしましょう。

まとめ

田舎の土地は、コンビニやサブスク駐車場、キャンプ場などで活用できます。
ただし、土地によっては立地条件が悪くニーズに合わなかったり、法律によって規制されている場合もあるため、事前の確認が重要です。
田舎の土地をうまく活用したい方は、この記事で解説した内容を参考に検討してみてください。
仙台市で土地売却をご検討中の方は、「株式会社 絆エステート」のホームページより24時間、無料査定依頼を受け付けていますのでお気軽にご利用ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

022-341-8690

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

関連記事

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ