不動産買取でよくあるトラブルの事例と解決策や回避方法もご紹介

不動産買取でよくあるトラブルの事例と解決策や回避方法もご紹介

不動産売買は大きな金額の取引であるだけでなく、手続きが複雑なため、トラブルが起きるのは珍しい話ではありません。
できればトラブルは避けて、スムーズに契約をしたいものです。
そこでこの記事では、不動産売買の中でも買取を利用する際によくあるトラブルと、その解決策や回避方法もご紹介します。
不動産売買時の参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取でよくあるトラブルの事例

不動産買取でよくあるトラブル事例は、下記の3つです。

相場と比べて買取価格が低い

不動産会社に物件を査定してもらった際に、相場よりも低い価格がついたことから起こるトラブルです。
買取は仲介での売却よりも価格が低くなる傾向がありますが、なかには何かと理由をつけて安く買取ろうとする業者もあるので注意してください。

引き渡し後に追加費用を請求された

不動産買取の際の引き渡し条件は不動産会社によって異なりますが、エアコンや家具などの処分は不要なのが一般的です。
しかし、住宅を引き渡した後に処分費用を請求され、トラブルになるケースがあります。

契約後の査定額の値下げ

契約が済んだにもかかわらず、査定額を値下げする不動産会社もあります。
契約するために高い査定金額を提示する悪質な不動産会社もあるので、契約後に条件を変更しない買取業者であることの確認は重要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却の即時買取とは?メリットや向いている方の特徴について

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取でよくあるトラブルの解決策

不動産買取に関して発生したトラブルの解決策は、事例によって異なります。
査定額が相場よりも低く、納得できないのであれば、強引に迫られても契約しないことが大切です。
もしも売却した代金が支払われない場合は期間を定めて履行の催告をし、それでもアクションがなければ契約を解除しましょう。
また、追加費用などとして高額な代金を請求された場合は、クーリングオフが効くケースもあります。
もしもトラブルになった場合は、消費者センターや信用できる不動産会社、弁護士など専門家に相談してください。

▼この記事も読まれています
不動産売却の買取保証とは?メリットや条件をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取でよくあるトラブルの回避方法

不動産買取でのトラブルを防ぐには、近くの似ている物件の売却価格の相場の調査、契約内容の書面化、境界確定測量が重要です。
自身で物件の相場を知れば適正価格での買取依頼ができ、契約書を書面化しておけばトラブルが起きた際に役立ちます。
また、新しい技術で正確に面積を測り、境界を確定させることで、曖昧な部分を原因に発生するトラブルを回避できます。

▼この記事も読まれています
リースバックの買取価格の相場は?家賃を抑えるポイントについても解説

まとめ

この記事では、不動産買取でよくあるトラブルをご紹介しました。
トラブルを回避するためには、契約内容をしっかりと把握し、トラブルの解決策について知っておくのが重要です。
この記事で紹介した内容をもとに、スムーズな不動産買取を実現させましょう。
仙台市で仲介手数料無料の新築戸建てを探すなら株式会社 絆エステートへ。
お客様が本当に必要とされている情報をより迅速に、より豊富に、より的確にご提供できるよう、全力を尽くしています。
お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

022-341-8690

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

関連記事

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ