独身女性がマンション購入におすすめな物件とは?購入の際の資金計画も解説

2023-10-17

独身女性がマンション購入におすすめな物件とは?購入の際の資金計画も解説

安定した収入や女性の社会進出により、独身女性がマンションを買うケースが増えています。
決して安いものではないため、後悔しないようにしなければなりません。
この記事では、独身女性のマンション購入におすすめな物件や資金計画について解説します。
マンションの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

独身女性のマンション購入には駅近物件がおすすめな理由とは?

ここ数年で、30代後半から40代前半の独身女性のマンション購入が増加しています。
この背景には、安定した収入や自身のライフスタイルについて考える時期になった点が挙げられます。
独身女性がマンションを購入する際におすすめしたいのが、駅近の物件です。
駅近の物件は価格が下がりにくいため、売りやすく貸しやすいと言えます。
購入後に結婚したり、出産したり、ライフステージの変化があった場合に、購入したマンションを売ったり、貸したりできます。
また、売りやすく貸しやすい特徴から資産価値が高いため、将来、何かあった際に、お金に変えられるため駅近物件の購入がおすすめです。

▼この記事も読まれています
新築一戸建て住宅の購入で必要な登記とは?その種類や手続きの費用目安

\お気軽にご相談ください!/

マンション購入の際の住宅ローンや税制で有利な床面積とは?

マンションを購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを組み購入されます。
住宅ローンなどに有利な面積があります。
全期間固定金利型住宅ローンのフラット35は、借入対象住宅の面積が30㎡以上です。
また、住宅ローンにおいては、2021年度の税制改正で適用期間延長と適用要件が緩和されました。
これまで床面積50㎡以上の住宅が対象でしたが、改正後は床面積が40㎡以上に変更になっています。
マンションを購入する際には、住宅ローンなどに有利な面積の物件を購入されると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
ネット銀行の住宅ローンを利用するメリットとは?銀行ローンとの違いも解説

\お気軽にご相談ください!/

マンション購入の資金計画について

マンションを購入する場合、資金計画をしっかり立てましょう。
そのためには、返済可能額と借入可能額の違いをしっかりと理解する必要があります。
借入可能額は、金融機関が現在の収入をもとに出された貸せる金額です。
一方、返済可能額は月々の収入から、住宅ローンの返済にあてられる金額を指します。
住宅ローンの返済だけでなく生活費などもあるため、しっかり返済可能額をみなければ、返済が厳しくなります。
借入可能額だけをみるのではなく、返済可能額もみてマンションを購入しましょう。

▼この記事も読まれています
住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いやメリットをご紹介

まとめ

独身女性がマンションを購入する場合におすすめなのは、駅近のマンションです。
資産価値があり、結婚や出産などのライフステージの変化にも対応できます。
また、住宅ローンを利用して購入する際は、しっかりと資金計画を立てる必要があります。
返済可能額、借入可能額の違いを理解し、返済が滞りなくおこなえるようにしましょう。
仙台市で仲介手数料無料の新築戸建てを探すなら株式会社 絆エステートへ。
お客様が本当に必要とされている情報をより迅速に、より豊富に、より的確にご提供できるよう、全力を尽くしています。
お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

022-341-8690

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ