不動産購入の重要事項説明とは?チェックすべきポイントなどをご紹介

2024-03-09

不動産購入の重要事項説明とは?チェックすべきポイントなどをご紹介

これからマイホームを購入しようと考えている方であれば、インターネットなどを使って、物件を探しているでしょう。
不動産物件を購入するときには、重要事項説明と呼ばれる、購入時に注意しなければならない点があります。
今回は、不動産購入のときの重要事項説明とは何か、チェックすべきポイントと注意点をご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産購入時の重要事項説明とは

重要事項説明は、宅地建物取引業法(宅建業法)に定められた手続きであり、売買契約と賃貸借契約のときに契約上の重要な事項を説明します。
不動産の買主と借主は、不動産に関する知識や経験などがほとんどなく、思わぬトラブルや損害などを受けてしまう可能性があるでしょう。
それを避けるために、不動産の契約のときに、不動産取引の仲介業者の方が買主と借主に説明するように義務付けられています。
その重要事項説明は、有資格者(宅地建物取引士)がおこなう必要があります。
重要事項説明の事項を書面(重要事項説明書)に記載して、買主と借主に渡す必要がありますが、この書類に宅地建物取引士の記名押印が必要です。

▼この記事も読まれています
新築一戸建て住宅の購入で必要な登記とは?その種類や手続きの費用目安

\お気軽にご相談ください!/

重要事項でチェックしておくべきポイント

チェックすべきポイントは、対象物件の確認と契約条件の確認です。
対象物件の確認で主なポイントは、物件についてです。
この項目は対象の物件の所在地の住所や面積、登記簿の内容などが書かれています。
チェックする点は、パンフレットと実際の面積に違いがないか・引渡しまでに抵当権が抹消されるのか・抹消について契約書に書かれているのか、などです。
契約条件の内容で主なチェックポイントは、契約解除についてです。
この項目は、手付解除や契約違反による解除、ローン特約などが書かれています。
チェックする点は、売主が期日までに引き渡さない場合と買主が期日までに代金を支払わない場合の契約解除の条件が書かれているか、などです。

▼この記事も読まれています
ネット銀行の住宅ローンを利用するメリットとは?銀行ローンとの違いも解説

\お気軽にご相談ください!/

重要事項説明を受けるときの注意事項

注意事項はまず、事前に重要事項説明書のコピーをもらい、読み込んでおく点です。
事前に読んでおけば、わからない点があっても当日の契約のときの質問できるため、事前に質問事項などを準備しておきましょう。
次に、変更の場合は再度書面の作り直しです。
説明書内のミスがあった場合、修正テープなどで修正するのではなく、新しい書類を作成してもらわなければ自分で書き加えたと疑われてしまいます。
最後に、契約書へのサインです。
説明をせずに無理やりサインをさせようとする悪質な業者もいるため、説明を受けていない場合は、サインをしないようにしましょう。

▼この記事も読まれています
住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いやメリットをご紹介

まとめ

今回は、不動産購入のときの重要事項説明とは何か、チェックすべきポイントと注意点をご紹介してきました。
重要事項説明は、宅地建物取引業法に定められた手続きで、売買契約と賃貸借契約のときにおこなう契約上の重要な事項の説明です。
対象物件の確認と契約条件の確認をして、納得してからサインしましょう。
仙台市で仲介手数料無料の新築戸建てを探すなら株式会社 絆エステートへ。
お客様が本当に必要とされている情報をより迅速に、より豊富に、より的確にご提供できるよう、全力を尽くしています。
お気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-055-927

営業時間
9:30~18:30
定休日
第1第3第5火曜日、毎週水曜日

佐々木博一の画像

佐々木博一

岩手県出身の佐々木博一です。お客様の様々なライフスタイルの変化から、売却を検討されているお客様の一人一人に満足して頂けるよう精一杯対応させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

佐々木博一が書いた記事

キズナ日報

土地売却【基礎編】

土地売却【税金編】

売却査定

お問い合わせ